竹延リニューアル

POLICY竹延リニューアルのポリシー

職人力で選ばれる竹延グループが様々な御要望にお応えします。

竹延の「職人力」とは、伝統の技を腕に叩き込み、仕事に誇りをもつ職人の手で、大切な財産である建物を塗り替え守ることです。70年以上にわたる経験と実績を積み重ねてきた私たちが、外壁改修工事をはじめとした様々なリノベーションをサポートさせて頂きます。

Quality & Cost

創業1950年以来の歴史に耐える伝統工法と最先端のイノベーションの融合で品質とコストの両立を実現。

Delivery

工期の短縮!建築施工管理技士など有資格者が工事をしっかりと管理。

Safety

何より安全第一!新型コロナウイルス感染症予防マニュアルを作成し、対応。

Environment

シンナーなどの有機溶剤を極力使わず、体に優しい水性塗料を積極的に採用!

保証期間も工事期間と考え、皆様とは長いお付き合いができます。

PLAN
& FOLLOW
工事計画からアフターフォロー

01.

調査・診断

マンションのベストコンディショニングを維持し、常に快適な住まいとしての機能を果たすには、各種の調査・診断が欠かせません。

建物診断のご依頼

建物診断の実施

工事予算、工事方針についての打ち合わせ

02.

プランニング

工事時期の予測や必要な材料・仕様、具体的な工事計画、周辺環境と調和する色彩計画など、実情に合わせた具体的な提案を行います。

現地調査・ヒアリング

施工計画書・見積書の提出

工事実施の決定

臨時総会

03.

工事説明会

工事に対しての管理組合、居住者の皆様のご理解とご協力を得られるよう、着工前に改修工事についての説明会を実施します。

施工計画書・見積書の提出

04.

改修工事

外壁塗装、防水(バルコニー・屋上)、外構、設備などの工事を責任を持って管理し、実施します。また、居住者の皆様へ的確な情報開示により、安心していただける工事サービスを提供します。

工事着工

現場会議
(関係者と密な連携で工事を進めます)

広報活動
(チラシや掲示など、居住者への情報開示を怠りません)

工程調査
(各工程で中間検査を実施します)

工事竣工

引き渡し

05.

アフターサービス

工事完了後も、建物の機能を損なわず、いつまでも美しく保つために、補修内容に応じた定期点検を行い、責任を持ってアフターサービスを実施します。

定期点検

CONSTRUCTION
FLOW
工事の流れ

01.

仮設計画など確認会議

契約内容、施工計画、仮設計画など確認し、工事準備をします。

02.

色決め

塗装がある場合は色を決定してもらい、必要であれば試験塗装を行います。

03.

共通仮設の設置

現場事務所や仮設トイレが必要な場合は、設置します。

04.

足場組立

いよいよ足場組立です!

05.

外壁調査

足場が組みあがり、問題がなければ、まずは補修前の外壁調査を行います。

06.

下地補修工事

調査でチェックした箇所を順に補修していきます。

07.

シーリング工事

シーリング工事とは、サッシの隙間や外壁のつなぎ目など、動きの多い隙間などに高度の防水性・機密性等を確保することを目的とした工事のことです。

シーリングを新たに打設することで、建物を漏水等から守ることができます。

08.

塗装工事

塗装前洗浄後、塗装を行います。

09.

防水工事

屋上やベランダなど、雨掛かり部分に防水工法を施します。

10.

美装工事

足場解体前に外壁やベランダ内などの美装を行います。

11.

足場解体前検査

足場解体前に検査を行います。

12.

足場解体

検査手直し後、足場解体を行います。

13.

最終検査・片付け・お引渡し

足場解体後、最終検査や残工事、片付けをして工事完了!お引渡しとなります。

OUR EFFORTS社員の取組み
塗装勉強会実施

塗装勉強会実施

5年目未満の営業担当者を対象に、塗装工事の目的など塗装の基礎知識から、職人の手配、段取りなど実務に役立つ内容を講師の社長から説明を受けました。

品質勉強会実施

品質勉強会実施

勉強会では、よりよい塗装のために、塗料の種類や使用選定の際に確認すべき事項、錆を防ぐ方法、遮熱塗料の遮熱効果の色による差などメーカーの方から直接説明を受けました。